『TCH』についてのページ。福岡市南区野間の歯科・歯医者なら、むかい歯科

電話をかける
WEB予約

お知らせINFORMATION

お知らせ

『TCH』について

TCHとは、”Tooth Contacting Habit”(歯列接触癖)

の略で上下の歯を”持続的に” 接触させる癖のことです。

何もしていないとき人間の上下の歯は接触していません。

(くちびるを上下閉じていても上下の歯は触れていない)

🦷TCHの問題点🦷

上下の歯は会話や食事をする際の接触する時間を含め

ても一日20分程度が正常だと言われています。

上下の歯の接触と聞くと一般的には「かみしめ」や

「食いしばり」を思い浮かべる方が多いと思いますが

実際にはグッと強い力でなく上下の歯が接触する程度

の力でも口を閉じる筋肉は働いてしまいます。

微弱な力でも接触時間が長時間になれば筋肉は疲労し

てくるため、顎関節は押えつけられることになり、感覚

が敏感になって痛みを感じやすくなってしまいます💦

TCHがあると顎関節への負担が増えるだけでなく、

歯や歯周組織の病気(知覚過敏、破折)の悪化に繋がる

可能性が考えられています。

TCHがあるからといって、かならずこのような不快症状

が出るわけではありませんが、加齢とともに自覚症状が

出てくるので、若いうちからTCHがあるかどうか気づく

ことが重要です。

🌼TCHのチェック方法🌼

① 姿勢を正しくして正面を向き、目をとじる

② 唇を軽く閉じる

③ 上下の歯が接触しないように軽く離す

これに違和感を感じるようであれば、お気軽にご相談

くださいね。